スポンサーリンク

女性のみなさん豆乳飲んでますか?

豆乳には美肌効果、バストアップ、生理痛の予防など女性にとって欠かせない効果を含んでいます

今回は豆乳の効果について書いていきます

 

豆乳とは

まず豆乳とは「乳」とついていますが牛乳とは違います

牛乳は動物性、豆乳は植物性の食べ物と分けられます

 

豆乳は大豆を水に浸してからすりつぶし、水を加えて煮詰めた繊維を取り除いたものです

豆乳は簡単に言うと「豆腐の素」なんです

 

豆乳の効果

豆乳には様々な効果がありますが今回は女性に嬉しい効果を中心に紹介します

 

美肌効果

豆乳に含まれるイソフラボンには美肌効果があります

女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするのがイソフラボンです

コラーゲンやヒアルロン酸の生成の促進

シミ、しわ、くすみ、ニキビの予防

コラーゲンの分解を抑える効果があるおかげで、肌のハリとツヤを保つことが出来ます

 

他にも大豆に含まれるたんぱく質には肌の若さを保つ効果があり

瑞々しい肌を手に入れられるかもですよ!

 

バストアップ

イソフラボンには女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きがあると美肌効果で言ったと思いますが

「エストロゲン」と似た働きのおかげでバストアップ効果が期待できます

乳腺の発達と脂肪を増やす効果があり

女性らしいボディラインを作るのに欠かせない効果があります

 

一緒にバストアップ体操などをすると効果が上がりやすいかもです

女性らしいボディを手に入れて気になる男を落としましょう!

 

生理痛の予防

大豆に含まれるイソフラボンにはホルモンバランスを整える効果があり

生理痛、生理前のPMS症状の予防になります

これらの症状は女性ホルモンが影響を及ぼしています

なので崩れたホルモンバランスを整えてあげることで重い生理痛の予防

生理前に起きる、肌荒れ、むくみ、便秘などの不調、無性にイライラしたり落ち込んでしまう

PMS症状の予防になります!

 

注意点として豆乳の飲みすぎは絶対にダメです!!

飲みすぎると女性ホルモン「エストロゲン」が増えすぎてしまい悪化するケースもあります

 

ダイエット効果

豆乳には血糖値の上昇を抑える効果があります

血糖値が抑えられることで肥満ホルモンと呼ばれる「インシュリン」を抑えることが出来ます

インシュリンは残った糖を脂肪として溜め込む働きがあるのでダイエットにはよくないものです

 

なので血糖値を抑えることがダイエット効果につながります

詳しくはこちらの記事をご覧ください

関連記事:なぜ血糖値の上昇を抑えることがダイエットに重要視されるのか?

豆乳は毎日飲む

豆乳の飲み方ですが

毎日朝起きたら1杯飲むのがオススメです

 

毎日1日1杯を飲み続けるだけでかなりカラダに変化が起きると思います

さすがに1日2日で効果が出るほど即効性はないですけど・・・。

 

飲み続けることです!継続は力なりって言いますからね(*´ω`*)

飲み方はホットでもアイスでも

シチューなどの料理に使用してもOKです!

 

ただ飲みすぎは注意です!生理痛でも述べたとおり

イソフラボンを取りすぎてはホルモンバランスが崩れ生理痛の悪化

乳がんや子宮がんのリスクが高まるので過剰摂取はダメです

 

せいぜい朝と夜1杯ずつで抑えましょう

まとめ

豆乳に含まれるイソフラボンには

女性にとって欠かせない効果がたくさんありましたね

美肌、バストアップ、生理痛の予防、ダイエット効果と嬉しい効果が盛りだくさんです

 

ただ飲みすぎれば副作用で生理痛が悪化したり、乳がん、子宮がんのリスクが高まるので

気を付けてください

 

飲み方を間違えなければ飲むだけで美を手にすることが出来るのが豆乳です!

個人差はあると思いますが、飲まない人よりも飲んでいる人のほうが美しくはなれますよ

スポンサーリンク