スポンサーリンク

「なかなか痩せない」「いろんなダイエットを試したけど効果がなかった」

などダイエットが上手くいかないって悩んでませんか?

もしかしたら体温が低いせいかもしれません

体温が低いとダイエット効果の低下、カラダに悪影響を起こします。

体温を上げるのに効果的な方法が温活です。

今回は体温を上げ痩せやすいカラダをつくる【温活ダイエット】を紹介します。

温活ダイエットとは

温活ダイエットとは、低くなっている体温を上げて

痩せやすいカラダをつくるダイエット方法です。

温活は体温が低い方にオススメのダイエット方法です。

体温が低いと、脂肪の燃焼が悪くなったり、冷えからくる体調不良になります

温活は低くなってしまった体温を、カラダが痩せやすくなる体温の36.5度~37度まで上げます。

人の体温は1度下がると基礎代謝が約12%落ちるといわれています。

基礎代謝が落ちれば体温の低下や脂肪燃焼が悪くなり、

ダイエット効果が低くなり、冷え性にもなりやすくなってしまうんです。

温活は毎日の生活に、ほんの少しカラダを温めてあげる活動を取り入れるだけで出来ます。

毎日と聞くと大変だと思う方もいると思います。

けど本当に簡単なことを習慣化するだけでいいので、だれにでも出来ますよ。

温活ダイエットで痩せやすいカラダを手に入れましょう。

温活ダイエットの効果

まずは温活のダイエット効果について見ていきましょう。

脂肪燃焼効果が高まる

体温が上昇することで基礎代謝も上がります。

基礎代謝が上がれば消費エネルギーの量が増えます。

消費されるエネルギーの量が増えれば、カラダに余計な脂肪がつきにくくなり

カラダについた余計な脂肪も燃やしやすくなります。

温活を続け体温を36.5度以上に保っておくことで、

一日の消費エネルギーの量を増やし痩せやすいカラダを作ることが出来ます。

便秘解消

体温が低いと便秘になるといわれています。

カラダが冷えることで、血管が収縮して腸の活動が制限されてしまいます。

腸内が正常に活動しないと腸内の老廃物の排出がうまくいかずに、

ダイエットに悪影響を与えます。

腸内にたまった老廃物の塊は、有害な物質を排出し栄養の吸収を妨害します。

栄養の吸収がうまくいかないと、カラダを動かすエネルギーが得られず、

消費エネルギーの量が減り脂肪の燃焼も悪くなります。

それに吸収されなかった栄養は脂肪としてカラダに蓄えられるので

便秘はダイエット中の敵と言ってもいいぐらいです。

便秘解消の方法を知りたい方はこちら

ダイエット中の便秘は最悪!解消方法を教えます!

基礎代謝が上がる

体温が上がれば基礎代謝が上がります。

体温が1度上がると約12%基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がれば、脂肪燃焼効果が高まり、

ダイエット効果が期待できる他にも、冷え性の改善にも効果があります。

女性の方に多い冷え性ですが、なぜ女性の方のほうが冷え性になりやすいのか。

それは筋肉量が関係します。

実は女性のカラダは男性よりも脂肪がつきやすくなっています。

脂肪は保温効果が高いのですが、熱の発生量が少ないです。

逆に筋肉は保温効果が低く、熱の発生量が多いです。

このことから、筋肉よりも脂肪のほうがつきやすい女性は、冷え性になりやすくなります。

なので、温活で体温を上げて痩せやすいカラダを作ることが大切になります。

温活ダイエットのやり方

温活の方法を見ていきましょう。

お風呂に入る

毎日かならず入るお風呂で温活が出来てしまいます。

ただシャワーだけではダメですよ。

ちゃんと湯船につかることが大事です。

湯船につかりカラダの芯から温めてあげて下さい。

オススメの方法を半身浴です。

38℃~40℃のお湯に20分~30分使ってください。

お湯の量は心臓より下のみぞおちぐらいまでが良いと思います。

注意点として、

  • 水分補給はしっかりと行ってください。
  • 食後やお酒を飲んですぐにはしないでください。
  • もし長時間はいる場合はこまめに休憩を入れてください

私が半身浴で1時間以上、休憩なしに入り続けたらカラダはフラフラになり、

立っているのが辛くて、すぐに横になり気絶するように眠りにつきました。

かなり危険なので、休憩なしで1時間以上の入浴はオススメしません。

本当につらいのでやめたほうが良いと思います。

適度な運動

朝起きた時や、寝る前にストレッチをするだけで大丈夫です。

毎日1時間ランニング!なんてことは言いません。

本当に簡単なストレッチをするだけで違うと思うので試してみて下さい。

それに、朝のストレッチは眠気を覚まして、

カラダを軽くしてくれるのでスッキリとした朝を過ごせるようになると思います。

夜は寝る前にストレッチをすることで、寝つきが良くなると思います。

ただやりすぎると目が覚めてしまうので注意してください。

朝食を食べる

朝ごはんを食べない方が増えている現代ですが、朝ごはんは食べてください。

カラダを活性化させて代謝もあがります。

それに腸内の活動も活発になるので便秘解消にも効果があります。

どうしても、朝食が取れない方は飲み物でもいいです。

とにかく栄養が付くものカラダに与えましょう。

私のオススメはオーガニックフルーツ青汁です。

ホットで飲むことのできるフルーツ青汁です。

気になった方はこちらをご覧ください
ホットで飲めるオーガニックフルーツ青汁

カラダが温まる食事

普段の食事でも温活はできます。

カラダを温める効果がある食べ物を普段の料理に加えてあげるだけです。

カラダを温める効果のある食材はこちらになります。

  • 生姜
  • にんじん
  • ニンニク
  • とうがらし
  • ごぼう
  • 大根
  • 長ネギ
  • 玉ねぎ
  • にら
  • サンマ
  • 鶏肉
  • 納豆

などがあります。

他にもまだあるのですが。

今回はダイエット効果も高い食材を選ばしていただきました。

肉類は牛や豚もカラダを温める効果があるのですが、

今回はヘルシーな鶏肉を紹介させていただきました。

鶏肉を食べるとき、ダイエット効果を高めたい場合は、

鶏皮は食べないほうが良いと思います。

出来れば鶏ムネかささみが良いですよ。

カラダが温まる飲みもの

自宅で簡単にできるカラダが温まる飲み物を紹介します。

  • 白湯
  • 生姜湯
  • 紅茶
  • ほうじ茶
  • ココア

本当はオーガニックフルーツ青汁をオススメしたいのですが、

そこそこお値段が高いので今回は無しにしました。

今回は自宅で簡単にできて、お財布にもやさしいものにしました。

この中での私のオススメは白湯です。

お手軽にできて簡単だからです。

お水を鍋かやかんで沸騰させて、50度になるまで冷ましてから飲むこれだけでいいんです。

ココアは温活には良いですけど、ダイエット中はなるべく控えてください。

飲みすぎは太りますからね。

軽い有酸素運動をする

先ほど適度な運動でいいといったのですが、ウォーキングなどの軽い有酸素も効果があります。

ストレッチとは違い運動量が増えるのでつらいと思う方は、

ストレッチでも大丈夫です。

けど、運動や筋トレを行うことで、筋肉が付けばリバウンドしづらいカラダを手に入れることが出来ます。

体温も筋肉量が増えることで体温を36.5度で維持することが出来て、カラダも美ボディになることが出来ますよ。

もしも新しい自分に生まれ変わりたいと思っている方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


温活にオススメのフルーツ青汁

オーガニックフルーツ青汁

よければこちらもご覧ください

スポンサーリンク