スポンサーリンク

スポンサーリンク

肌にいいコラーゲン、肌がぷるんぷるんになる女性にとって嬉しい成分だと思います。

けど本当に効果があるのか、そもそもコラーゲンとはいったい何なのかそれらを徹底的に調査してきました。

コラーゲンに美容効果が本当にあるのかを見ていきましょう。

コラーゲンとは

そもそもコラーゲンとはいったい何なのか、肌にいいものだとは知っているけど、詳しくは知らない方もいると思います。

そこでまずはコラーゲンの説明をしていきます。

 

コラーゲンはタンパク質の一種です。人間の身体に含まれるたんぱく質の約30%をコラーゲンが占めています。

体中の組織に存在していて、約60兆個の細胞で出来ている人間の細胞と細胞を繋げる働きをしています。

コラーゲンは線維芽細胞から作られ、古くなったものは酵素などで分解されます。

40代になるとコラーゲンが作られる量が減っていき、身体のコラーゲンの総量が減っていき肌のハリがなくなり、たるみやシワを作ります。

 

コラーゲンは肌だけではなく、骨、血管、真皮などの身体全体のあらゆるところに存在します。

コラーゲンが減っていくと肌への影響のほかに、骨にも影響が出ます。

高齢者に多い骨粗しょう症などはカルシウム不足のほかに、年齢によるコラーゲンの減少も原因になります。

コラーゲンは骨を支える鉄骨の役割をしていて骨の強度を上げる働きがあります。

 

コラーゲンの美肌効果とは

まずは、肌が構造になっているかを簡単に説明します。人の肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造になっています。

  • 表皮
    4つの層で構成されていて、その中の角層はうるおいを保つ役割と紫外線などの外部からの刺激から守る役割があります。
    他に表皮の一番下にある基底層では、新しい細胞を作り出す働きと紫外線から身体を守るメラニン色素を生み出しています。

 

  • 真皮
    表皮の下にあるのが真皮です。真皮は約70%がコラーゲンで出来ています。
    繊維状のコラーゲンが網目状に張り巡らされています。
    コラーゲンは肌のハリを保つ働きがあり、他にもコラーゲンを支えるエラスチン、ヒアルロン酸が弾力と潤いを守っています。
    コラーゲンが不足すると肌のハリだけではなく弾力と潤いまでも失います。
    年齢とともに肌がたるんだり、乾燥していくのはコラーゲンが不足して上手く機能しなくなっているからです。

 

  • 皮下組織
    肌の一番内側にある組織です。主に脂肪で出来ています。皮下脂肪と呼ばれる部分です。
    皮下組織の役割は、保温効果と外部からの衝撃を和らげるクッションの役割があります。

 

コラーゲンに美肌効果があるといわれる理由は、肌の構造内にある真皮のおかげみたいですね。

真皮が肌の潤いとハリ、弾力を維持しているおかげで若々しい肌でいることが出来る。

けど年齢を重ねるごとにコラーゲンが体内で作られなくなっていき、真皮の働きが悪くなり、肌の老化を招いてしまいます。

 

体内で作られなくなるなら、口から摂取して体内に取り込むしかないと思います。

そこでコラーゲンを簡単に摂取することが出来る飲み物がフルーツ青汁です。

美肌効果のほかにダイエット効果や健康維持に効果があります。よければ試してみてはいかがでしょうか。

 


 コラーゲンが含まれるフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁

すごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH

気になった方はリンク先のページでフルーツ青汁を紹介しているので良ければ見ていってください。

スポンサーリンク